MENU
お知らせ内容をここに入力できます。詳しくはこちら

webライターはやめとけって本当?嫌煙されがちなただ1つの理由

  • URLをコピーしました!

Webライターになりたいけど、低単価って本当?

やめておいた方がいいのかな…

このような疑問にお答えします。

この記事を読めば、Webライターが本当に稼げないのかどうかがわかります。

私は月収20万のフリーランスWebライターです。

それでは解説します!

目次

Webライターはやめとけ!と言われる原因

  • 低単価案件が多い
  • 文章をずっと書くのがツライ
  • 自己管理が大変
  • 収入が安定しない
  • 社会的な信用がない、あやしい

etc…

Webライターはやめとけ!

と言われる原因はさまざまです。

しかしどんな仕事にもプラスだけではない、マイナスの面があります。

ではなぜやめとけ!という声が大きいのか?

一番の原因は、稼げないからでしょう。

確かにWebライターは、スキルが必要な仕事にしてはめちゃめちゃ低単価です。

しかし、それだけで稼げないと判断するのは早計です。

Webライターは本当に稼げないのか?

プログラマーやブロガーと比べると、Webライターの天井は低いです。

Webライター業だけで年収1,000万を超えている人は、本当にごくわずか。

それじゃあ夢がない!

と思うかもしれませんが、実は20〜30万円くらいなら未経験でも達成できます。

しかし努力は必要です。

稼げるWebライターになるには?

  • 専門知識がある
  • スキルが高い
  • 執筆速度がはやい
  • 情報発信も並行してやっている
  • ディレクター業務ができる

専門知識がある

専門知識があるライターの単価は高い傾向にあります。

たとえばこの案件は、資格保有者や知見があるライターを優遇しています。

スキルが高い

SEOスキルが高いライターは、サイトを上位にする経験に長けています。

上位に上がったサイトは利益も増えるため、単価は高いです。

私の見解ですが、単価ごとに必要なスキルをまとめました。

単価 求められるスキル
0.5円〜 マニュアル通りに執筆
1.0円〜 ライティングの経験
1.5円〜 SEO基礎知識
2.0円〜 SEOスキル、専門知識

執筆速度がはやい

執筆速度がはやいと、単純に納品できる記事数が多いです。

執筆速度は記事を書けば書くほど上がるので、正直慣れが必要。

  • 打ちやすいキーボードに変える
  • タイピングゲームを毎日やる

情報発信も並行してやっている

SNSやブログで情報発信をしていると、そこから仕事をもらえることがあります。

さらに情報発信からビジネスにつなげることも可能です。

めんどくさがってやらないライターが多いですが、仕事の幅が広がるのでおすすめ。

ディレクター業務ができる

ディレクターは、ライターに指示を出したり管理する役職のことです。

対応の幅が広がるため、単価も一気に上がります。

さらにディレクターを経験しておくと、発注者側の気持ちがわかるようになります。

スキルを高めたいなら、一度はディレクターを経験してみてください。

Webライターは稼げる!

Webライターは、初心者のうちはぶっちゃけ大変です。

しかし経験とスキルを積み上げれば、誰でも会社員ほどの月収を稼げます。

マイナス面だけを鵜呑みにするのは、非常にもったいないです。

まずは一度やってみて、合う合わないを判断してみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる